顕微鏡で治療する意味

虫歯になってしまった人に効果的なことは?

もとのつるつるの歯を虫歯にしてしまった。。。

対策1)虫歯になってしまう原因を考えること、行動を変えること

対策2)自然治癒しないので、きっちり虫歯を取りきり、ぴったりつるつるに仕上げること。

 

自分のお口の中を、私たちが見ているように、明るく、大きくしてお見せすると、

「きたない!!」「ショック!」とおっしゃる方がいます。

それが、『トラブルを起こさないようにしよう』という、やる気スイッチを押すことになります。

お掃除をしてみると、ぐんぐん歯肉の色が変わり、ピカピカに磨けるようになって

それが気持ち良いと体感できるようになります。

その人ごとの、虫歯対策を作っていきます。

 

小さな穴の中の虫歯を、すみからすみまでチェックしてしっかりとるには、

大きく、明るくしてしっかりと見る必要があります。

暗いと一気に情報量が少なくなり、見えません。

影に隠れているかもしれない虫歯も、ミラーできっちり確認します。

詰め物がどれだけピッタリか?も、大きくして見ると

バッチリ確認できます。なんとなくで、バッチリは作れません。

すべてのことに、顕微鏡で拡大する意味があるのです。

ほとんどの人が知らない事です。

 

住所〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町2-14-4
サンムーンNo.3 ビル3階
アクセス茅場町駅3番出口より徒歩1分
診療時間

月曜~金曜
9:00~19:00

土曜日
9:00-18:00

研修等で不在の場合もございます。
休診日曜、祝日
予約についてネット予約をご利用下さい。
© 2018年 Kデンタルオフィス茅場町